【メディア掲載】朝日新聞にて「おうちで町工場」が掲載されました。

5月28日の朝日新聞、朝刊にてGarageHigashiosaka(ガレージ東大阪)にてリリースした
「おうちで町工場」が掲載されました。

記事はこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.asahi.com/articles/ASN5W7GR9N5LPPTB008.html

おもろくて個性的な町工場の職人が教える!日本のモノづくりを支える「町工場」の技術が学べる「Craftsman school(クラフトマンスクール)」のクラウドファンディングを開始。

笑いの街・大阪発。おもろくて個性的な職人さんをつうじて、モノづくりの魅力をたくさんの人に知ってほしいー。そんな想いから企画した「町工場のテーマパーク」をめざす”モノづくり好きのためのスクール”です。

「Garage Higashiosaka(ガレージ東大阪)」を運営する株式会社MACHICOCO(所在地:大阪府東大阪市、代表取締役:戸屋加代)はこのたび、おもしろくて個性的な町工場の職人からモノづくりが学べる、モノづくり好きのためのスクール「Craftsman school(クラフトマンスクール)」立ち上げのためのクラウドファンディングを開始いたしました。

「Craftsman school(クラフトマンスクール)」は、MACHICOCOの代表が東大阪の金型製造の町工場で17年勤めた経験から、経営者の高齢化、後継者不足、人材不足といった慢性的な町工場の課題解決に取り組みながら、モノづくりのすばらしさ、日本のモノづくりを支える技術を知ってほしいという想いのもと企画した”モノづくり好きのためのスクール”。

大阪のモノづくりを支える東大阪に拠点をおくさまざまな町工場が賛同し、それらの町工場で実際に働く職人さんが直接教えてくれるのが特徴です。

スクールで技術を教える職人さんはこちらの8社。笑いの街・大阪らしく、おもろくて(※)個性的な、コテコテの強者がせいぞろい。大阪のモノづくりを支える町工場の技術はもちろん、大阪では必須となる笑いのセンスまで学べるかもしれません。(※)大阪では「おもしろい」ことを「おもろい」といい、おもろいことは人気者の条件のひとつと考えられています。

双葉塗装株式会社
★コテコテの関西弁で教えまっせ!パテと塗装でべっぴんさんにする工場(塗装技術)
http://www.futaba-toso.co.jp/

株式会社豊里金属工業
★モヒカン社長がバリ熱い!簡易型製作からの試作板金工場(板金加工技術)
http://www.toyosatokinzoku.com/

大阪石材工業株式会社
★世界一面白い石材店目指してます!石(意思)を磨く石材加工工場(石材加工技術)
https://www.osaka-sekizai.jp/

高山技研合同会社
★飛行機(ANA)愛が止まらないYoutuber職人がいる円筒研削盤工場(円筒研削技術)
http://tg2179.com/

株式会社盛光SCM
★工場を「行きたい」場所にしたいねん!カフェ空間のある板金・組立工場(へら絞り加工技術)
https://www.seiko-scm.co.jp/

有限会社津島
★東大阪一(自称)アットホームなプラ型製造工場(射出成形技術)
https://www.mold-tsushima.com/

株式会社松下工作所
★若手職人が大活躍!オーダーメイド金物制作工場(溶接技術)
http://www.m-kousaku.co.jp/

株式会社吉武鉄工所
★機械部品を製作する歴史ある加工メーカー(マシニング加工技術)

「Craftsman school(クラフトマンスクール)」では、これらの町工場や職人さんを通じて、このような取り組みを行ってまいります。

●町工場やモノづくりの世界を知らないけど覗いてみたい方向け、定期開催の”町工場ツアー”
●子どもたちの隠れた才能を引き出す”放課後モノづくり教室”
●スキルアップを目指す方向け!技術者からじかにモノづくりの技術を学ぶ”ガチ技講座”

町工場のイメージは「3K(きつい、汚い、危険)」と言われることがありますが、わたしたちはこの「Craftsman school(クラフトマンスクール)」をとおして、町工場のイメージを「3T(楽しい、頼もしい、テンション上がる)」に変えていきたいと考えております。

わたしも実際に17年勤めた町工場。さまざまな町工場がもつ技術は、人々の「形にしたい!」という想いを実現することができます。

わたしたちは「モノづくりの世界」に触れ、その魅力を体感していただける場を創ることで、町工場の課題解決に取り組みながら、たくさんの人の想いをカタチにする「町工場のテーマパーク」を目指してまいります。

<参考URL>

「Craftsman school(クラフトマンスクール)を作りたい!」クラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/262861

開催期間:5月23日~7月8日
目標額:100万円
※リターンは上記クラウドファンディングページよりご確認ください。

株式会社MACHICOCO
https://machicoco.co.jp/

Garage Higashiosaka(ガレージ東大阪)
https://garage-higashiosaka.jp/

※「Craftsman school(クラフトマンスクール)」は、わたしたちが運営する「Garage Higashiosaka(ガレージ東大阪)」の一事業となります。

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

この度MACHICOCOのLINE公式アカウントを開設いたしました!

 

チャット形式で会話ができるため、メールやお電話でのお問い合わせよりもお気軽にご連絡いただけるかと思います。

今後MACHICOCOからのお知らせも随時配信予定でございます。

LINEをお使いの方はお気軽にご活用くださいませ。

▼▼▼

 

もちろん、これまでと変わらずメールやお電話でのお問い合わせもお受けしております!

 

今後ともよろしくお願いいたします!

過日より報道されております通り、新型コロナウイルス感染拡大を受けての緊急事態宣言が大阪府にも発令され
民間企業にも配慮を求められております。弊社としても下記の通り対応をさせていただくことといたしました。

1、社員の在宅勤務推進
2、4月中の全イベントや講座の開催延期、あるいはWEB開催に切り替え
3、お打合せに関しては原則WEB対応に切り替え
4、商品に関しては店舗在庫がある限り発送

【CLOSE】
創るラボ、マチココストア実店舗
【通常通り稼働】
ものづくり相談(電話oeWEB)、マチココストアECサイト

上記対応期間は2020年4月末までとさせていただきますが、
事態の収束状況により期間が変更となる可能性がございます。

尚、お電話、メールは受付可能でございます。
ご相談や製造依頼は引き続きお受けいたしますので、お気兼ねなくご連絡ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力賜りたくお願い申し上げます。

以上

いつも大変お世話になっております。
株式会社MACHICOCOです。

コロナウイルス感染拡大により展示会が中止になったり、
遠方での打ち合わせが中止になったりとあらゆる場で影響が出ています。

仕方のないこととはいえ仕事への影響を考えるとじっとしているわけにもいかず、
頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私達もそうです…。

しかし、不安、不満を口にしていても状況は変わらない…!ということで、
この時期をどう乗り切るのかを考えるべく、緊急WEB会議の開催を決定しました。

ーWEB TECHBAR(テックバル)ー

毎月開催していたテックバルはプチ技術体験ができる場であるとともに、
そこでの会話から新たな発想を持ち帰ることのできる場でもありました。

今回はWEB開催のため技術体験はできませんが、WEBであっても交流はできる!

コロナの影響どうですか?今後も長引く場合どうやって乗り切る?
など、ざっくばらんに意見交換しながら皆で作戦を考えましょう。

★WEB会議に参加したことがない!わからない!という方もご安心ください。
事前にご参加方法の説明書をお送りします。
(パソコン、スマホをお持ちであればどなたでもご参加いただけます。)

——————————————————————-
WEB TECHBAR ~緊急作戦会議~

【日時 】3月5日(木) 17:00~
【場所 】WEB上 ご自宅や会社からご参加ください
【参加費】無料

【参加方法】
要お申込み
①下記フォームをクリックしてお申込みください。

https://zfrmz.com/BYFvihKv0TSB3ndv6Fcs

②当日、入力いただいたアドレスに会議参加用のURL送付します
③URLをクリックし、参加してください
※お申込み後参加方法をメールでお送りします

 

ご不明点などございましたら下記までご連絡ください。

TEL:06-6720-8735

MAIL:a.akasaka@machicoco.co.jp

2020年1月17日〜22日の5日間 フランス・パリで開催されるメゾンエオブジェ に出展いたします。
お客様が開発された新素材、WEBTi@-F(ウェブチタンエフ)を建築素材として展示提案させていただきます。

【imaginative materials】
想像力豊かな建築素材、日本の伝統工芸と現代の技術革新のコラボレーション

というタイトルで12社の日本メーカー様との共同出展いたします。

MEISON&OBJET ホームページ
https://www.maison-objet.com/en

 

製造開発元:東邦チタニウム株式会社様より

<WEBTi@-F 素材や用途等歴史的背景>

 チタンというと、皆さんは、どんなイメージをお持ちでしょうか。「航空宇宙分野で使われる、軽くて強い材料」、「インプラントとして使われる人体に優しい材料」、「高いけど良く飛ぶゴルフクラブの材料」、「そもそもイメージがわかない」。それぞれ意見があると思いますが、「さまざまな色に発色可能な美しい材料」というイメージを持つ方は少ないのではないでしょうか。

 チタンの製錬(化学反応によって鉱石から金属を取り出すこと)方法であるKroll法が発明されたのは約70年前。一方、銅は10,000年、鋼は3000年、アルミニウムは130年の利用の歴史があると言われており、チタンは非常に若い金属です。若いということは、まだ多くの可能性を秘めているとも言えます。

冒頭でも示したように、一般的にチタンは “強度”、“耐食性”、“生態適合性”など、優れた機能に注目されることが多く、航空機や生体材料など先端分野で利用が広がってきた金属ですが、残念ながら一般消費者の方の目に触れる機会は多くはありません。しかし、あまり知られていませんが、チタンは表面の酸化被膜の厚さを調整することで、その発色を変化させることが可能な“美しい”金属なのです。幸運にも私たちはチタンの持つ“美しさ”を存分に引き出した製品であるWEBTi@-Fを開発することに成功しました。このWEBTi@-Fを通じて、多くの人々にチタンの“美しさ”に気づいていただくと同時に、チタンの新たな可能性を感じていただきたいです。

 

<WEBTi@-F 商品ストーリー>

 

 WEBTi@-Fの製造元である東邦チタニウムグループは、チタン製錬を事業化して約60年。チタン産業の創成期から、チタンと共に歩み続けてきた会社です。

WEBTi@-Fは、元々、チタンの“耐食性”を活かした高耐食性の電極材料やフィルター材料を狙って開発されたものでしたが、ある時、顧客から「WEBTi@-Fは繊維が和紙みたいで綺麗だね」と一言。言われてみれば確かに綺麗…。WEBTi@-Fを機能素材としてしか見ていなかった私達には、まさに目から鱗でした。早速、MACHICOCOと相談。陽極酸化処理を施してWEBTi@-Fを発色させ、照明で照らしてみると、驚きました。WEBTi@-Fの表面上で透過光、反射光、陰影が複雑に混ざり合い、これまで見たこともないような幻想的な光をたたえていたのです。

このようにWEBTi@-Fをデザイン素材に転用したのは偶然ですが、この素材は、チタンの美しさを存分に引き出した革新的な素材だと考えています。繰り返しとなりますが、この製品によって多くの人々にチタンの“美しさ”に気づいていただくと同時に、チタンの新たな可能性を感じていただきたいです。

 

 

こんにちは!machicocoスタッフです。

今日の東大阪は半袖で過ごせるほど暖かくやっと春が来たな~と感じます。

    

さて、先週日曜日は弊社の開所式でした。

「machicocoさんって何する会社なの?」

この日までたくさんの人にご質問いただきました。

何をしているかよくわからない。

作る会社?ものづくり教室をするの?いや、ものを売るのか?

結論から言うと全部なのですが(笑)、全てに共通の想いが私たちにはあります。

        

そこで!

machicocoは何をしている会社なのか、どういった想いでmachicoco立ち上げに至ったのか、そしてどういった事業を展開していくのかをご紹介し、本格的に始動を宣言するのがこの開所式という日でした。

    

当日は生憎の雨でお足元の悪い中であったにもかかわらず本当にたくさんの人にお越しいただきました。

いつも3人しかいない会社になんと約60名も!!

本当にありがたいことです。改めて感謝申し上げます。

           

式内では、代表の戸屋よりMACHICOCOのこれまでとこれからをご説明させていただきました。


 

 

町工場やそこにいる人や技術が見つからない、わからない、伝わらない…

そこにある課題を解決したいというのがMACHICOCOの全事業に共通する思いです。

発信する、楽しいイベントをする、商品を売る、それが私たちの目的ではなく、

そうした活動を通してたくさんの「つくりたい」という想いと技術がスムーズにつながったり、

「ものづくりおもろいわ!私もできたわ!」という体験が増えたり、そんなシーンが増えることを願います。

      

まだまだたくさんのご指摘もいただき整備していかなければいけないところばかりの私たちですが、

おかげさまで船出の日を迎えることができました。

    

式はこのあと、スーパーファクトリーグループのGarageの先輩方のご講演、ワークショップと続きました。

次回のブログでご紹介したいと思います!

    

開所式後、より一層忙しくなりひーひー言いながらも毎日楽しくやっているスタッフでした。

おまけ♪

開所式の受付ガールズ。かわいい!おつかれさま!

 

こんにちは!machicocoスタッフです。

今日の東大阪は暖かくて気持ちの良い天気でした!

外で仕事したろかなと思いましたが会社に誰もいなくなるのでおとなしく社内で過ごしました。

  

さて、先日から会社の大改造についてここで小出しにしており、じわじわ公開していく予定でしたが

なんと最後まで行く前に先日お披露目の日を迎えてしまいました。笑

  

というのも前日の夕方まで忙しく作業をしていて、なんとか迎えた開所式だったわけです。

2週間、本当にあっという間でした。

  

  

くどいですが4月1日時点の外観がこちらで、


1週間後にはドアが透明になり(観葉植物も置いてみたり)、

前日の夕方にやっと看板があがりました!

   

準備期間たくさんの方が訪れ手伝ってくださり、みるみるうちに変わっていった会社。

わくわくが止まりませんでした。

   

   

内装も外装も、まだ紹介したいところがたくさんあります!

が、今日はここまでにします。

(お披露目が終わっても尚、小出しにしていくスタイル。)

   

きっと今後も少しずつ変わっていくことでしょう、、、

ぜひ遊びに来てくださいね~

   

それではまた明日!

 

4月14日日曜日、株式会社MACHICOCO&GarageHigashiOsaka開所式を行いました。

当日は生憎の雨でお足元の悪い中にも関わらず、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。
また、たくさんのお花、電報をいただき重ねてお礼申し上げます。

当日は狭い会場内でご不便をおかけしたことと思いますが、会場の設営にも快くご協力いただきおかげさまで滞りなく盛会のうちに式を開催できましたこと、スタッフ一同改めて感謝申し上げます。

今後、町工場・そしてものづくり業界の一助となれるよう製造、サービス、教育といった事業を展開して参ります。

  

至らぬ点も多いかと存じますが皆様にいただいたお力を胸に、より一層気を引き締めて進んでまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

ご参加いただきました皆様には改めてお礼をさせていただきたく存じます。

取り急ぎ、この場を借りて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

  

株式会社MACHICOCO
代表取締役 戸屋 加代

こんにちは!

株式会社MACHICOCOスタッフです。

だんだん春らしい暖かい気候になってきたと喜んでいたのに今日は雨で肌寒い…。

毎日服装に悩むのがなかなか面倒です。

(会社のユニフォーム欲しいな。おしゃれでかっこいいやつがいいな。)

 

さて、先日は会社の大改造1日目でした。

  

the町工場!!!のイメージを一新すべく外観を変えていきます。

 

まずはなかなか年季の入ったドア。色を塗る前に高圧洗浄。社長楽しそうです。

私もやらせてもらいました。…楽しい!!!笑

 

そして綺麗にした後は諸々の処理をしてスプレーで色を載せます。

マットなブラックに。一気におしゃれになったぞ…!

今回ドアの塗装は私がほとんどやったわけですが、不慣れ+大雑把な性格のため結構やらかしました。

「それもまた良いやん!」と励まされるも(優しい)、ものづくりのプロに1人素人が混ざるとこうなるんだと恥ずかしい限りです。笑

それにしてもドアって大事。

飲食店や雑貨店、美容院なんかでもドアがおしゃれだとテンション上がりますよね。

どんな雰囲気になるのか楽しみになってきました。

  

続いて壁も塗っていきますよ~

なんと鮮やかなイエローに。これはかなり雰囲気が変わりそう。

道行く人が「ここ何になるん?」という目をして通り過ぎていきます。笑

 

全て塗り終わる頃にはすっかり暗くなっていました。

手足が疲れ日頃の運動不足を感じてきたところで、作業終了。

これはまだまだ全体の4分の1くらいでしょうか。

  

まだまだこれからです! 

「えー!!何ここ!!」と思わずのぞきたくなるような、そんな空間を目指します。

   

完了目標は今週中なので少し焦りもありますが、どこかで「まあ何とかなるよ」と思っているMACHICOCOメンバーでした。笑

 

ではまた次回!