新型コロナウイルス 緊急事態宣言発令に伴う弊社対応について

過日より報道されております通り、新型コロナウイルス感染拡大を受けての緊急事態宣言が大阪府にも発令され
民間企業にも配慮を求められております。弊社としても下記の通り対応をさせていただくことといたしました。

1、社員の在宅勤務推進
2、4月中の全イベントや講座の開催延期、あるいはWEB開催に切り替え
3、お打合せに関しては原則WEB対応に切り替え
4、商品に関しては店舗在庫がある限り発送

【CLOSE】
創るラボ、マチココストア実店舗
【通常通り稼働】
ものづくり相談(電話oeWEB)、マチココストアECサイト

上記対応期間は2020年4月末までとさせていただきますが、
事態の収束状況により期間が変更となる可能性がございます。

尚、お電話、メールは受付可能でございます。
ご相談や製造依頼は引き続きお受けいたしますので、お気兼ねなくご連絡ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力賜りたくお願い申し上げます。

以上

GaragaHigashiosaka『ガチ技技術講座』にて、金型プチ講座の開講が決定いたしました。

 

詳細はこちら https://garage-higashiosaka.jp/archives/news/kanagakouza

 

いつも大変お世話になっております。
株式会社MACHICOCOです。

コロナウイルス感染拡大により展示会が中止になったり、
遠方での打ち合わせが中止になったりとあらゆる場で影響が出ています。

仕方のないこととはいえ仕事への影響を考えるとじっとしているわけにもいかず、
頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私達もそうです…。

しかし、不安、不満を口にしていても状況は変わらない…!ということで、
この時期をどう乗り切るのかを考えるべく、緊急WEB会議の開催を決定しました。

ーWEB TECHBAR(テックバル)ー

毎月開催していたテックバルはプチ技術体験ができる場であるとともに、
そこでの会話から新たな発想を持ち帰ることのできる場でもありました。

今回はWEB開催のため技術体験はできませんが、WEBであっても交流はできる!

コロナの影響どうですか?今後も長引く場合どうやって乗り切る?
など、ざっくばらんに意見交換しながら皆で作戦を考えましょう。

★WEB会議に参加したことがない!わからない!という方もご安心ください。
事前にご参加方法の説明書をお送りします。
(パソコン、スマホをお持ちであればどなたでもご参加いただけます。)

——————————————————————-
WEB TECHBAR ~緊急作戦会議~

【日時 】3月5日(木) 17:00~
【場所 】WEB上 ご自宅や会社からご参加ください
【参加費】無料

【参加方法】
要お申込み
①下記フォームをクリックしてお申込みください。

https://zfrmz.com/BYFvihKv0TSB3ndv6Fcs

②当日、入力いただいたアドレスに会議参加用のURL送付します
③URLをクリックし、参加してください
※お申込み後参加方法をメールでお送りします

 

ご不明点などございましたら下記までご連絡ください。

TEL:06-6720-8735

MAIL:a.akasaka@machicoco.co.jp

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

2月22日(土)に開催を予定しておりました下記イベントにつきまして、
新型コロナウイルス関連肺炎の感染が拡大している影響を受け、
ご参加いただく皆様の安全を最優先に考慮した結果やむを得ず中止の決定をいたしましたのでご案内いたします。

【中止】
2月22日(土) 13:00~  アイデアソン
2月22日(土) 18:00~  TECHBAR

予定を空けていただいていた皆様にご迷惑をおかけしますこと、
また直前のお知らせとなりましたこと深くお詫び申し上げます。
ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

事態が落ち着きましたら、また同企画でイベントを開催させていただく所存です。
その時にはまたご案内をさせていただきますのでぜひご参加いただけますと幸いです。

改めまして、この度は直前のご連絡となり大変申し訳ございませんでした。
ご不明点等ございましたらご連絡くださいませ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

——————————————
株式会社MACHICOCO
〒577-0032 東大阪市御厨2丁目5番4号
メール:info@machicoco.co.jp
電話 :06-6720-8735

※本イベントは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けまして延期が決定いたしました。

 ご理解のほどお願い申し上げます。

【イベント中止のご連絡】

https://machicoco.co.jp/2020/02/iventinfo/

 

 

~技術屋さんと繋がる・学ぶ~ TECHBAR!

様々な技術に触れて、知って、学ぶ会です。
毎回技術体験の後にはお食事をしながら交流会をしています。
お気軽にご参加ください♪

★前回のTECHBARの様子はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=ovhAKORi7yQ

■日時
2月22日(土) 18:00~21:00

■場所
MACHICOCO
大阪府東大阪市御厨2丁目5番4号

■ご参加費
2,500円(お食事込み)

■お申込み
フォームより事前お申込みをお願いいたします。
https://forms.gle/FyjXuDXHUCeXH2TA9

■企画
今回は「へら絞り」のプチ体験会!お楽しみに!

【ソフトバンク×MACHICOCO】
今回のテーマ
『学生が参加したくなるものづくりツアーを企画しよう!』

販路、人材、技術継承、この問題を解決するにはまず町工場に来て見て知ってもらうことから始める必要があります。そこで今回のアイデアソンのは高校生や大学生が参加したくなるようなものづくりツアーを提案し、実現に向けて皆で取り組むための第一弾イベントです。

■日時 2020年2月22日(土) 13:00-17:00
■場所 株式会社MACHICOCO 東大阪市御厨2-5-4
■参加費 無料 どなたでもご参加頂けます。
■お申込み
 フォームよりお申込みくださいませ。
https://forms.gle/e1LCZ79GyAXGTboA8

当日は詳細な設定や条件をお伝えした上で、マンダラート法(※)という手法でアイデアを出し合い、最終的には一つの魅力的なツアーを提案してもらいます。ここから生まれたツアーが実現するかもしれません。

※マンダラート法…発想法の一つ。あの大谷翔平選手も実践しているそうです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★アイデアソンの効果
・異なる立場の人とコミュニケーションを取る場ができる。
・意見をまとめる力が身に付く。
・意見を言える環境ができる。言い合える人に出会える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぜひご参加ください(^^)

前回の様子

1月25日(土)、2020年初のTECHBARまであと1週間となりました!東大阪の職人さんをお招きしての技術体験会、今回は若手溶接職人さんが先生です!

先月の旋盤講座同様、これまでリクエストの多かった『溶接』です。お楽しみに!

■日時
1月25日(土) 18:00~21:00

■場所
MACHICOCO
大阪府東大阪市御厨2丁目5番4号

■ご参加費
2,500円(お食事込み)

■お申込み
フォームより事前お申込みをお願いいたします。
https://forms.gle/LKnXwtfzMfsGWN9k6

■企画
溶接体験会!
└職人さんが先生をしてくれます^_^

イベント概要のご確認、お申込みはこちらからお願いいたします。▶ https://forms.gle/LKnXwtfzMfsGWN9k6

2020年1月17日〜22日の5日間 フランス・パリで開催されるメゾンエオブジェ に出展いたします。
お客様が開発された新素材、WEBTi@-F(ウェブチタンエフ)を建築素材として展示提案させていただきます。

【imaginative materials】
想像力豊かな建築素材、日本の伝統工芸と現代の技術革新のコラボレーション

というタイトルで12社の日本メーカー様との共同出展いたします。

MEISON&OBJET ホームページ
https://www.maison-objet.com/en

 

製造開発元:東邦チタニウム株式会社様より

<WEBTi@-F 素材や用途等歴史的背景>

 チタンというと、皆さんは、どんなイメージをお持ちでしょうか。「航空宇宙分野で使われる、軽くて強い材料」、「インプラントとして使われる人体に優しい材料」、「高いけど良く飛ぶゴルフクラブの材料」、「そもそもイメージがわかない」。それぞれ意見があると思いますが、「さまざまな色に発色可能な美しい材料」というイメージを持つ方は少ないのではないでしょうか。

 チタンの製錬(化学反応によって鉱石から金属を取り出すこと)方法であるKroll法が発明されたのは約70年前。一方、銅は10,000年、鋼は3000年、アルミニウムは130年の利用の歴史があると言われており、チタンは非常に若い金属です。若いということは、まだ多くの可能性を秘めているとも言えます。

冒頭でも示したように、一般的にチタンは “強度”、“耐食性”、“生態適合性”など、優れた機能に注目されることが多く、航空機や生体材料など先端分野で利用が広がってきた金属ですが、残念ながら一般消費者の方の目に触れる機会は多くはありません。しかし、あまり知られていませんが、チタンは表面の酸化被膜の厚さを調整することで、その発色を変化させることが可能な“美しい”金属なのです。幸運にも私たちはチタンの持つ“美しさ”を存分に引き出した製品であるWEBTi@-Fを開発することに成功しました。このWEBTi@-Fを通じて、多くの人々にチタンの“美しさ”に気づいていただくと同時に、チタンの新たな可能性を感じていただきたいです。

 

<WEBTi@-F 商品ストーリー>

 

 WEBTi@-Fの製造元である東邦チタニウムグループは、チタン製錬を事業化して約60年。チタン産業の創成期から、チタンと共に歩み続けてきた会社です。

WEBTi@-Fは、元々、チタンの“耐食性”を活かした高耐食性の電極材料やフィルター材料を狙って開発されたものでしたが、ある時、顧客から「WEBTi@-Fは繊維が和紙みたいで綺麗だね」と一言。言われてみれば確かに綺麗…。WEBTi@-Fを機能素材としてしか見ていなかった私達には、まさに目から鱗でした。早速、MACHICOCOと相談。陽極酸化処理を施してWEBTi@-Fを発色させ、照明で照らしてみると、驚きました。WEBTi@-Fの表面上で透過光、反射光、陰影が複雑に混ざり合い、これまで見たこともないような幻想的な光をたたえていたのです。

このようにWEBTi@-Fをデザイン素材に転用したのは偶然ですが、この素材は、チタンの美しさを存分に引き出した革新的な素材だと考えています。繰り返しとなりますが、この製品によって多くの人々にチタンの“美しさ”に気づいていただくと同時に、チタンの新たな可能性を感じていただきたいです。

 

 

今年最後のTECHBARは皆様の声にお応えして旋盤技術者による旋盤プチ講座からスタート。
まずは座学から。旋盤とは何?どんな加工なの?刃物の入り口は?キリコの出方は?など
加工の基礎からお勉強。
気軽に旋盤加工を・・・と思っていましたがゲストの皆様が本気で旋盤を学ぶものだから
本気の旋盤職人への道!ってくらい中身の濃いお話が展開されました。

座学の後は体感。旋盤加工機について学び、アクリル材を使って実際に
加工して座学で学んだことを実戦で学びます。

いろんなパターンで加工させてもらうことで「削り」の基本を体感します。
キリコの種類によって加工の良し悪しを説明してもらっていました。

TECHBARは毎回、18時スタートで1時間は製造体験、19時からはお食事のスケジュールで
考えていますがモノづくりにのめり込まれ20時ごろまで作ることに持ちきりになることも。
それだけみなさん興味持たれているということですね。

製造体験の後は懇親会。クリスマスということで今回はピザ&チキン&お寿司で
交流会をしました。

懇親会でも旋盤加工の話で持ちきり!
今回は木を削る加工メーカーさん、旋盤加工メーカーさん、デザイナーさん、設計デザイナーさん、
商社さん、アクリル加工屋さん、民泊経営者さんといろんなジャンルの方が集まりました。
クリスマス、プレゼント交換会も盛り上がり大騒ぎでした。

今回のTECHBARではプチ講座として軽くやっていただきましたが来年は旋盤講座として
本気で旋盤加工を学びたい方向けの講座を展開します。現役技術者から学ぶ現場直結型講座です。
旋盤加工にご興味ある方はお楽しみに!!

そして毎月定期的に開催しているTECHBAR。
2020年第一回目は1月25日(土)18:00〜開催です。
1月は溶接体験講座。若手技術者が溶接を教えてくれます!!
これまた必見です。技術を知りたい方、体感してみたい方、ジャンル問わずご参加いただけます。
技術者との交流、繋がる場として開催しているTECHBAR。ぜひご参加ください。

繊維のようなチタン素材を開発した東邦チタニウム株式会社。
その素材を活かしたプロダクトをMACHICOCOにて実現。
プロダクトデザインは株式会社マナブデザインが担当。MACHICOCOでは大阪の企業との連携により
照明の設計、製造を担当し試作開発を進めた。

立案から約1年,2019年に開催された高機能金属展にてプロトタイプをリリース。
同年11月にはHome&buildingShow2019ではインテリア照明としてリリースした。
販売予定は2020年春以降。
MACHICOCO STOREにて販売予定。
・Diagonalcut

・Sphere

・Octagon

商品についてのお問い合わせ、オーダーや価格についてのお問い合わせは
こちらまでお願いいたします。
info@machicoco.co.jp